slider no image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image

スポンサーサイト

A.LANGE&SOHNE サクソニア フラッハ  130万円台で手に入る、極上のAランゲ&ゾーネ二針モデルだ。
ジャックロードヤフー店文字盤に配置されたバーインデックスが特徴の「サクソニア・フラッハ」。Aランゲ&ゾーネモデルにおいても、最もシンプルかつ薄型2針モデルだ。2.9mm手巻き薄型ムーブメント「L093.1」を搭載。(注目すべきは長さを拡張したバーインデックス)極限までシンプルさにこだわり、旧モデルにあったバーインデックス外側に配置されたドットを省略。ドットを省略したが、逆にバーインデックスはさらに内方向に伸...

ブレゲ 5497PT/12/9V6 ヘリテージ・トゥールビヨン ブレゲを現在に再興させた重要人物とは?
ブレゲ 5497PT/12/9V6 ヘリテージ・トゥールビヨン画像(世界の時計市場 ヤフー店)よりブレゲ ヘリテージ トゥールビヨン 5497はブレゲモデルの中でも珍しい、トノー型である。更にそのトノー型にトゥールビヨンを採用してきたのが本モデルだ。もちろんトノー型は、手首に合わせてカーブを描いているので着用時の快適性も重視している。プラチナ製ケースには、あえてサンドブラストを施しシックな印象。トゥールビヨンキャリッ...

ジラールペルゴ ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ(帝国ホテル本館同様に、直線的なアールデコ様式をデザインに取り入れている)
ジラールペルゴ ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ 世界の時計市場 ヤフー店ジラールペルゴの、歴史の流れを楽しめる復刻モデル「ヴィンテージ1945」。「ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ」といえば、やはりジラールペルゴが誇るトゥールビヨンを楽しめるモデルと言えよう。1856年スイス ラショードフォンで誕生した「ジラール・ぺルゴ」ジラール社を興したコンスタンジラール...

ブライトリング ナビタイマー 01 R022B49WBA  ブライトニングのケースは、スイス ル・ロックルの名門ヴェルタノール社に制作を依頼している。
ブライトリング ナビタイマー 01 R022B49WBA 画像(ジャックロードヤフー店)よりブライトリングの名作パイロットウォッチ「ナビタイマー」。世界初の航空計算尺付きクロノグラフとして、多くのパイロットに愛用された名作モデルだ。コラムホイールで制御される垂直クラッチ式クロノグラフ完全自社開発「キャリバー01」を搭載。ケース径43mmの現代モデルであるブライトニングならではの、レッド色のクロノグラフ針でスポーティな雰...

TIFFANY CT60(ティファニー CT60)  ティファニーは19世紀半場から時計製造に取り組んでいる、米国でも老舗のブランドなのだ。
TIFFANY&Co. 34667802 ST CT60 3ーハンド 40MM 自動巻き画像(ブランドショップAXES ヤフー店)よりティファニーCT60といえば、アメリカ大統領フランクリンルーズベルトが愛用していたブランドモデルである。大統領へ、ティファニーのカレンダーウオッチを誕生日に贈られたのだが。後日1945年ヤルタ会談でも着用された伝説的なモデルと言っていい。CTの名の由来は、ティファニー創業者のチャールズ・ティファニーに因んだものだ。...

ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE ダトグラフ アップ/ダウン 「ダトグラフ」はドイツ精密機器産業の誇りを賭けたモデル
ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE ダトグラフ アップ/ダウン画像(ジャックロード ヤフー店)より19世紀、世界最高峰の機械式腕時計の一つに数えられていたドイツブランド、A.ランゲ&ゾーネ。1845年フェルディナント・アドルフ・ランゲにより始まり、懐中時計はドイツ皇帝から特注される程であった。ウォルター・ランゲ氏(Walter Lange)東西冷戦によって歴史から姿を消すことになったが。1990年ドイツ統一のわずか2か月後、旧西...

ジャケドロー グラン・セコンド パイヨン(世界限定8本)   18世紀にヨーロッパ王族の間で最盛期を迎えたパイヨンエナメル技法を、現在でも愉しめる
ジャケドロー グラン・セコンド パイヨン 世界限定8本 GINZA RASIN ヤフー店ジャケ・ドローの代表的モデル「グランドセコンド」にパイヨンエナメルを施したモデル。パイヨンエナメル装飾の芸術性を楽しむ事が出来る。18世紀以来ジャケ・ドローがマスターしてきた伝統的なカラーリングを取り入れているのが特徴だ。ホワイトゴールドケースに、文字盤には高温焼成を施した上品なパープルカラーのパイヨンエナメルダイアルが施されて...

A.LANGE&SOHNE サクソニア フラッハ  130万円台で手に入る、極上のAランゲ&ゾーネ二針モデルだ。

jackroad_ls066.jpg
ジャックロードヤフー店
文字盤に配置されたバーインデックスが特徴の「サクソニア・フラッハ」。Aランゲ&ゾーネモデルにおいても、最もシンプルかつ薄型2針モデルだ。
2.9mm手巻き薄型ムーブメント「L093.1」を搭載。

(注目すべきは長さを拡張したバーインデックス)
極限までシンプルさにこだわり、旧モデルにあったバーインデックス外側に配置されたドットを省略。

ドットを省略したが、逆にバーインデックスはさらに内方向に伸ばしダイヤル間の視認性を高めている。
時分針の先は、インデックスの端にきっちり合うように設定されている点も見逃せない。
ケース厚はわずか5.87㎜。これこそが薄型Aランゲ&ゾーネモデル「サクソニア・フラッハ」最大の持ち味だ。
ドイツモデルらしい機能性を重視しつつ、ドレスアップされた薄型2針モデルと言えよう。

文字盤に配置された Glashütte I/SA の意味
Glashütte I/SA とは、ドイツグラスヒュッテ製であることを示したものだ。
つまり原産地の証明を表記しているのである。
この表記にはルールが存在している。
ムーブメント原価の5割以上を、現地での作業で遂行しなくてはならないのだ。
jackroad_ls066_2.jpg
右に配置されたテンプに注目して欲しい。Aランゲ&ゾーネ伝統の様式を採用。
実は時計ごとに、テンプブリッジにあしらわれたハンド・エングレーピングのデザインが違うのである。
つまり同じテンプブリッジデザインの「サクソニア・フラッハ」は存在しない。
仕上げの美しさに圧倒されるばかりである。
このハンド・エングレービングは、長年に渡って受け継がれてきた伝統の様式美と言える。

ハンドメイドで精密に仕上げたブリッジやゴールドシャトンも見逃せないポイントだ。
Aランゲ&ゾーネは2針モデルを伝統的なデザインに徹している点に感動してしまう。
ドイツ様式の伝統的なデザインを有する2針モデルと言えよう。
また価格を抑えつつも、様式美も仕上げも極上な点も見逃せない。

シースルーバッグから覗ける、手作業によるムーヴメントの美しさに目を奪われるのは間違いない。
もちろんそれだけではなく文字盤における、ドイツ機械式時計の本質に迫った機能美を愉しむべきだ。
jackroad_ls066_1.jpg

A.LANGE&SOHNE サクソニア フラッハは130万円台で手に入る、Aランゲ&ゾーネ二針モデルだ。
サイズもデザイン現在流行している「古典的」なデザインな点がユニークだ。
よりシンプルなデザインの方が受け入れられやすい時代になったと実感できる。
一生モノの時計といったらAランゲ&ゾーネやパテックフィリップの名前がまずあがるだろう。
伝統的な極上の外装と仕上げを、リーズナブルに購入可能な機種として「サクソニア フラッハ」を覚えておいて損はない。

ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE サクソニア フラッハ 201.027/LS2013AM 【新品】 時計 メンズ
スポンサーサイト
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

ブレゲ 5497PT/12/9V6 ヘリテージ・トゥールビヨン ブレゲを現在に再興させた重要人物とは?

sekainotokeiichiba_breguet17-5.jpg
ブレゲ 5497PT/12/9V6 ヘリテージ・トゥールビヨン
画像(世界の時計市場 ヤフー店)より

ブレゲ ヘリテージ トゥールビヨン 5497はブレゲモデルの中でも珍しい、トノー型である。
更にそのトノー型にトゥールビヨンを採用してきたのが本モデルだ。
もちろんトノー型は、手首に合わせてカーブを描いているので着用時の快適性も重視している。
プラチナ製ケースには、あえてサンドブラストを施しシックな印象。
トゥールビヨンキャリッジの迫力さながら、力強くデフォルメされたアプライドのローマン数字が印象的だ。
(ローマ数字における6をダイナミックに象徴)

ダイヤル装飾「ギョシェ彫り」の技に注目。
ヘリテージ・トゥールビヨンのダイヤルに施したギョシェ彫りには、「氷河」を象った模様が施されている。
ギョシェ彫りには手動旋盤で行う作業だが、なんと一世紀以上も前から使用しているギョシェ彫り機によるものだ。
「氷河」を象った模様は金属の上に10分の1mm単位で、手動旋盤を使用しハンドメイドで彫られた仕事を楽しめる。
200px-Abraham_Louis_Breguet_02vf.jpg

ブレゲの創始者アブラアン・ルイ・ブレゲは、ギョーシェ彫りを1786年に編み出した。
手動旋盤によってハンドメイドで金属板に華麗な溝を彫る手法。
ブレゲは18世紀に、視認性を高めるのが目的でギョーシェ彫りを編み出した。


アブラアン・ルイ・ブレゲデザイン「コインエッジ」も健在
ケース側面に施された、溝彫りフルート装飾「コインエッジ」。
ブレゲが発明した、デザインで知られている。
現在ではレトロ感があるが、18世紀当時においては斬新で未来的な印象を与えた。
sekainotokeiichiba_breguet17-5_4.jpg
アブラアン・ルイ・ブレゲ ブレゲ最大の発明「トゥールビヨン」

トゥールビヨンとは、脱進調速機を回転ゲージの中に内臓させる事によって、重力による時計姿勢ごとの偏差・誤差を自動調整する機構だ。
懐中時計は未使用時にポケットの中に収納されることから、常に同じ位置に固定してしまう。
その事により、懐中時計には一定の方向から常に重力がかかってしまうのだ。
アブラアンルイ・ブレゲは人間の活動に伴う重力こそ、誤差の敵である「重力誤差」であると気が付いていたのだ。

そこで彼は「重力誤差」に関して、調速装置自体をゲージに収めて回転させる手法を思いつく。
それこそが、ブレゲ最大の発明と言われる「トゥールビヨン」である。
Calendrier-republicain-debucourt2.jpg
1975年時のフランス革命時、フランスパリへ帰還したアブラアンは遂にブレゲ最大の発明「トゥールビヨン」に成功。
西暦1801年、フランス共和国誕生を記念して1792年から1806年まで使われていた共和歴に換算すると
「共和国暦第9年メシドール7日」
という表記になる。

アブラアン・ルイ・ブレゲは、革命時の動乱の時代といっていい「共和歴」を使用していた頃、トゥールビヨンの10年特許を取得することを、やってのけたのだ。
それは当時のフランス政府内務省が、特許を認可する文章においても確認出来る。
つまり、真の価値のある偉大なトゥールビヨンを求めるなら、ブレゲという選択肢は王道なのだ。
sekainotokeiichiba_breguet17-5_5.jpg
ブレゲは時計の歴史を200年早めたと言われている。
そんなブレゲを現在に再興させた重要人物がいるのだ
彼こそはアブラアン・ルイ・ブレゲの再来と言われた、神時計技師「ダニエル・ロート」だ。
yhsrstr46546.jpg
アブラアン・ルイ・ブレゲの再来ダニエル・ロート
ブレゲブランドの復興。腕時計サイズトゥールビヨンの制作をやってのけた人物
ブレゲ参加後は、ブルガリ傘下となった「ダニエル・ロート」を立ち上げる。

最近では時計技師としての腕を直接自分自身の手で振るう為に「ジャン・ダニエル・ニコラ」を創設。
スイスのル・サンティエで時計制作に挑んでいる。

ダニエル・ロートはフランスナンテュア レマン湖畔にて生まれる。
ユニークな事に、父はフランス人。母はスイス人という、まるでフランスと大きく関わったブレゲの様な家庭環境だ。
ジャガールクルト、オーデマピゲで極薄ムーブの開発に成功。
極薄ムーブメント開発の名人として名を上げた彼は、その腕を買われてブレゲ再興に携わる事になる。
(本人はアブラアン・ブレゲの伝記を好んで愛読していた事もあり、これもまた運命なのだろう)
アブラアム・ブレゲ作の懐中時計の分解調査に参加。
懐中時計サイズトゥールビヨンを、腕時計への縮小化をやってのけるなど時計技師として腕を振るう。
そんな彼の功績があったからこそ、腕時計としてブレゲ ヘリテージ・トゥールビヨンを楽しめるのだ。
ブレゲ 5497PT/12/9V6 ヘリテージ・トゥールビヨン
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

ジラールペルゴ ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ(帝国ホテル本館同様に、直線的なアールデコ様式をデザインに取り入れている)

sekainotokeiichiba_gira35-70_1.jpg
ジラールペルゴ ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ 
世界の時計市場 ヤフー店
ジラールペルゴの、歴史の流れを楽しめる復刻モデル「ヴィンテージ1945」。
「ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ」といえば、やはりジラールペルゴが誇るトゥールビヨンを楽しめるモデルと言えよう。

1856年スイス ラショードフォンで誕生した「ジラール・ぺルゴ」
ジラール社を興したコンスタンジラールがマリー ぺルゴと結婚。
二人の名をとって「ジラール・ぺルゴ」と命名。
Constant_girard.jpg
コンスタンジラールConstant Girard
コンスタンジラール氏は19世紀当時においても、有数の時計技師であった。
特にトゥールビヨンに情熱を捧げて、当時の時計職人おいて最先端の研究と製造技術を有していた人物と言っても過言ではあるまい。

800pgyuui.jpg

ジラール・ぺルゴにとって「スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン」が著名になったイベントといえば、やはりパリ万国博覧会が挙げられるだろう。

1889年のパリ万国博覧会で「スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン」搭載の懐中時計が金賞を受賞したのである。
「ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ」はなんと、その当時の万国博覧会で殿堂入りしたメカニズムを小型化した機構を搭載。
(わずか10mmのトゥールビヨンケージは、80個もの部品で構成。時計職人の卓越した技を堪能できる)

更にムーブメントとケースのデザインも、こだわりがあるので注目だ。
ケースもムーブメントも、見事な左右非対称デザインなのだ。
sekainotokeiichiba_gira35-70.jpg
「ヴィンテージ1945シリーズ」は1945年当時のアールデコ様式を採用。

1945年当時のアールデコ様式。それをジラール・ぺルゴが角型時計に取り入れたのが「ヴィンテージ1945シリーズ」である。
長方形をラグ組みで延長したようなケース形状。
リューズとまるで同化したかのようなサイドは、緩やかにカーブしている。

ジラールペルゴ ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジのケースフォルムは、1945当時クラシカルなアールデコ調が特徴。
しかしながらリュウズやラグのエッジ部分など、現代的なデザインで整えられている。
DSCN5886fre.jpg
帝国ホテル旧館カウンター近く。
日本国内においてフランク・ロイド・ライト設計のアールデコ様式の建築物といえば、帝国ホテル本館が有名である。
「ヴィンテージ1945シリーズ」も同様に、直線的なアールデコ様式を取り入れている


「ヴィンテージ1945」が復刻したのは1995年当時。
復刻版というと1990年代中頃から、各ブランドから復刻モデルがリリース。
正に復刻ブームに沸き返っていた頃だ。
「オメガ スピードマスターレプリカ」「ロンジン リンドバーグ」など次々に復刻版が登場。

復刻版はジラール・ぺルゴとしても歓迎すべき流れだったのだろう。
ジラール・ぺルゴの世界を、改めてユーザーに紹介出来るからだ。
また1945年当時の角形時計のレトロ感も楽しめる。
ただ「ヴィンテージ1945」は1945年当時のオリジナルモデルを完全に再現したものではなく、当時のレトロなデザインと技術を現代風にアレンジした新コレクションと言っていい。

いずれにしても「ヴィンテージ1945」シリーズは、アールデコ調の美麗なケースの仕上がりやカーブ、快適な付け心地などデザインにおいて統一感を持っているのだ。

ジラールペルゴ 99880-52-00A-BA6A ヴィンテージ1945 トゥールビヨン スリーゴールドブリッジ 世界限定30本
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

ブライトリング ナビタイマー 01 R022B49WBA  ブライトニングのケースは、スイス ル・ロックルの名門ヴェルタノール社に制作を依頼している。

jackroad_br650.jpg
ブライトリング ナビタイマー 01 R022B49WBA
画像(ジャックロードヤフー店)より
ブライトリングの名作パイロットウォッチ「ナビタイマー」。
世界初の航空計算尺付きクロノグラフとして、多くのパイロットに愛用された名作モデルだ。
コラムホイールで制御される垂直クラッチ式クロノグラフ完全自社開発「キャリバー01」を搭載。
ケース径43mmの現代モデルである
ブライトニングならではの、レッド色のクロノグラフ針でスポーティな雰囲気も演出。


1930~50年代といえば、ボーイング、ロッキードなどの航空会社から、コックピット用時計や計器にブライトニングに注文がブライトニングに舞い込んでいた時期である。
ブライトニングが航空計器や時計の分野において着実に地位を築いていた頃、ブライトニングの評価を不動にしたモデルがあった。
それこそが1952年にお披露目されたナビタイマーだ。当時の航空航法計算の標準であった「タイプ52」航空回転計算尺を備えているのが特徴。
800px-E6bcardboard.jpg
E6B計算尺
1950年代のパイロット達は、円盤状のE6B計算尺を携帯していた。
それをブライトニングは、腕時計に落とし込めばパイロットの負荷が減るに違いない。
そういったアイディアから生まれたのが「ナビタイマー」だ。

ナビタイマーの由来は、「ナビゲーション」「タイマー」の言葉を一つにしたものだ。
見ての通り文字盤の外周に、回転計算尺を組み込んであるのが特徴。
1950年代のパイロットたちが頼りにしていた、航空航法計算の元になっていたE6B計算尺を腕時計に落とし込んだのである。
これにより「ナビタイマー」を使用すれば、燃料消費量や一分あたりの飛行マイル数を算出できる画期的な航空用腕時計なのだ。
Ernest-Schneider-Sicura1.jpg
ブライトリング4代目経営者Ernest Schneider
パイロットであり、時計制作者でもある。
ブライトリング社は1979年当時クォーツショックで危機的状態だった。
当時機械式時計はこの世から消えゆく存在だと、皆が思っていた時期だ。
彼はパイロットとしての誇りから、ブライトニング社の再生に挑む。

同じく当時危機的状況に陥っていたスイス機械式時計業界において、英雄的な人物と言えよう。
ブライトニング機械式時計を次々を復活させた手腕を持つ。
「ナビタイマー」も1985年に復活を遂げ、ブライトニング機械式時計の名作を再び世に送り出した。
jackroad_br650_1.jpg
ナビタイマー 01 R022B49WBAは、18Kケースが使われている点にも注目だ。
ブライトニングナビタイマーケースはスイス ル・ロックルの名門ヴェルタノール社に制作を依頼している。
製法は鍛造だ。
鍛造(たんぞう)……金属をたたく(鍛える)ことによって成型する加工法

①塊から切削した素材を金型に収め、プレスマシンで圧力を加える。
②何十回も、(冷却や加熱を繰り返す)プレスマシンで圧力を加えていくことで密度が高まり完成。
そうすることで、立体的な密度の濃い金ケースが完成するのだ。
要するに、18K(金)を採用しているので、ケースの金密度を増やす為の工法をとっている。
asset-verhkuk567.jpg
ヴェルタノール社では、プレスマシンにセットしたナビタイマー用のケース素材を、金型に何度も嵌めることで成型している。
やはり成型中熱処理を施し、金型を交換してのプレス作業だ。
(その際、800トンものプレス機によるプレス圧を加える)

そうして出来た18KRケースはハンドメイドによって磨きあげられていくのだ。
18K金無垢のケースでも、鍛造でパイロットの仕様にも耐えられる仕様なのだから驚くばかりだ。

しかもなんとブライトニングの金属ケースは全てこの鍛造工程を採用している。
ケースの金属密度を高めてあるので強靭。なおかつ、美麗な外装ケースパーツになるのだ。
またこの工程は、装着時において重厚なケースでも、快適性を高めて着用可能な仕様になっている。
br650_im.jpg
ブライトリング BREITLING ナビタイマー 01 R022B49WBA 【新品】 時計 メンズ
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

TIFFANY CT60(ティファニー CT60)  ティファニーは19世紀半場から時計製造に取り組んでいる、米国でも老舗のブランドなのだ。

axes_ti-34667802_4.jpg
TIFFANY&Co. 34667802 ST CT60 3ーハンド 40MM 自動巻き
画像(ブランドショップAXES ヤフー店)より
prm17020fwe50009-p2.jpg
ティファニーCT60といえば、アメリカ大統領フランクリンルーズベルトが愛用していたブランドモデルである。
大統領へ、ティファニーのカレンダーウオッチを誕生日に贈られたのだが。
後日1945年ヤルタ会談でも着用された伝説的なモデルと言っていい。
CTの名の由来は、ティファニー創業者のチャールズ・ティファニーに因んだものだ。

ティファニーにおける時計の歴史はなんと1847年にまでさかのぼる。
実は19世紀半場から時計製造に取り組んでいる、米国でも老舗のブランドなのだ。

ティファニーが誇る伝統
かつて、米国において産業革命が発達し、安価な腕時計が大量に流通していた時代、ティファニーは格調の高い高級時計を送り出していた。

アールデコ調のデザインを施したティファニーウォッチなど、実にファッション性と装飾性が高いのが個性的だ。
(ダイヤモンド カクテルウォッチなどニューヨーク万博展示会に出展した程だ。)

ティファニーは、19世紀半ばにはスイスの名門パテックフィリップとパートナー契約を結んでいた。
スイス製だが、デザインテイストはニューヨーク。
それこそがティファニーウォッチの魅力である。

1874年に スイス・ジュネーブ パレス・コルナヴァンに広大な4階建工房を設立。(後日パテックフィリップ社が買収)
それ程に、高級&ラグジュアリ―腕時計作りに力をいれていた訳である。
スイスジュネーブから、アメリカに高級モデルを送り出したティファニーの役割と歴史的意義は大きい。
axes_ti-34667802.jpg
このCT60はそのルーズベルト大統領が愛用した、ティファニー製時計をベースにデザインされている。
控えめでエレガンスではあるが、実用性も重視した堅牢なケースデザインだ。
アラビア数字を使用した文字盤は目視で確認し易い。
axes_ti-34667802_2.jpg

19世紀から続く、スイスの時計技術がニューヨークと融合した「ティファニー CT60シリーズ」
ラグジュアリーブランドとして、ティファニーは古い時計の歴史を有している。
そしてアメリカ大統領フランクリンルーズベルトが愛用していた事から分かるように、1945年当時においても大変評価の高かったブランドであるのだ。
8b92254dbc29f446d1f7ef4e1c299061htddtj.jpg

ティファニー スイス ウォッチ カンパニー社長 ニコラ・アンドレアッタ氏
近年ティファニーは、腕時計に関して原点回帰の動きを見せている。
ティファニーは、2013年スイスを拠点としたウォッチカンパニーを立ち上げたのだ。
現在製造から販売に至るまで、スイスを拠点に活動。
ティファニーは近年腕時計を製造するにあたり、ティファニーブランドの原点を重視したのである。
ティファニー 腕時計 レディース/メンズ TIFFANY&Co. 34667802 ブラック/シルバー/ホワイト
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE ダトグラフ アップ/ダウン 「ダトグラフ」はドイツ精密機器産業の誇りを賭けたモデル

jackroad_ls068.jpg
ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE ダトグラフ アップ/ダウン
画像(ジャックロード ヤフー店)より
19世紀、世界最高峰の機械式腕時計の一つに数えられていたドイツブランド、A.ランゲ&ゾーネ。1845年フェルディナント・アドルフ・ランゲにより始まり、懐中時計はドイツ皇帝から特注される程であった。
WalterLange56_zps24bea526.jpg
ウォルター・ランゲ氏(Walter Lange)
東西冷戦によって歴史から姿を消すことになったが。
1990年ドイツ統一のわずか2か月後、旧西ドイツへ亡命していたウォルター・ランゲ氏によってA.ランゲ&ゾーネは再興。
そして1994年ドレスデンにおいて新生A.ランゲ&ゾーネを表す時計「ランゲ1」を発表。
再び高級機械式時計界の最高峰に君臨したA.ランゲ&ゾーネが、1999年4月スイス・バーゼルフェアにおいてドイツ精密機器産業の誇りを賭けたモデルを発表した。
伝統のコラムホイールを使い、かつてのプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを復活させたのが、「ダトグラフ」だ。
jackroad_ls068_1.jpg
ダト・グラフ(手巻き式クロノグラフ)の特徴
2つのサブダイヤルの配置が実に個性的だ。
計測時に誤読を減らす為に開発した「プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター」を搭載。
更にはレトロなピラーホイール採用による、「フライバック機能」も搭載だ。
ザクセン王室時代における、クロノメーター懐中時計のデザインを踏襲しているのもデザインとしての特徴である。
12時位置のアウトサイズデイトは、A.ランゲ&ゾーネらしいインパクト感のある配置だ。


時針および分針はセンターに配置
左側のサブダイヤルが秒を表示。
右のサブダイヤルのプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターとクロノグラフの細いセンター針は、タイムを計測するためのもの。

プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター
クロノグラフの細いセンター針がゼロを通過するごとに、瞬時に分針がジャンプする機構。
スタート・ストップするのは上のプッシャー。
「プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター」は、かつて高級懐中時計のクロノグラフだけに採用されていた。
1940年代まで、極一部の高級クロノグラフの腕時に使用されていた程度だ。
A.ランゲ&ゾーネのマイスター(技術者達)の手によって、遂に再現された訳である。

フライバック機能
タイム計測中に下のプッシャーを押すと、フライバック機能が作動。
針がリセットされて、プッシャーから手を離した瞬間に新しいタイムの計測が始まる。
即リセットし、即再計測可能なフライバッククロノグラフだ。
A.ランゲ&ゾーネオリジナルデザインの精巧なフライバッククロノモデルであるのだ。
jackroad_ls068_2.jpg
このダトグラフ アップ/ダウンは2012年に登場。
クロノグラフの最高峰手巻きキャリバーL951.1をL951.6に更新した、新ムーブメントを採用。
その為ケース径が2mm増し(41mm)、全体的なデザインのインパクト感も増している。
パワーリザーブも60時間に更新されており、6時位置に表示機能も追加されているのだ。

グラスヒュッテストライプ
ムーブメントの部品に施される、帯状のストライプ模様のこと。
ドイツのグラスヒュッテで製作された時計に多く採用されている。
ブリッジを跨いで施されているのが分かるはずだ。

ダトグラフの場合は、クロノグラフの箇所にシャトンビス留めが多用されているのも特徴。
軸受けに使われるルビーの4石はゴールドのリングで押さえられ、ブルースチールのビス留めが特徴の「ゴールドシャトン」を愉しめる。
ランゲ&ゾーネ A.LANGE&SOHNE ダトグラフ アップ/ダウン 405.035/LS4052AD 【新品】 時計 メンズ
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド

ジャケドロー グラン・セコンド パイヨン(世界限定8本)   18世紀にヨーロッパ王族の間で最盛期を迎えたパイヨンエナメル技法を、現在でも愉しめる

ginzarasin_u-j003034216.jpg
ジャケドロー グラン・セコンド パイヨン 世界限定8本
GINZA RASIN ヤフー店
ジャケ・ドローの代表的モデル「グランドセコンド」にパイヨンエナメルを施したモデル。
パイヨンエナメル装飾の芸術性を楽しむ事が出来る。
18世紀以来ジャケ・ドローがマスターしてきた伝統的なカラーリングを取り入れているのが特徴だ。
ホワイトゴールドケースに、文字盤には高温焼成を施した上品なパープルカラーのパイヨンエナメルダイアルが施されている。
ダイヤル職人の、繊細かつ芸術的な技巧も愉しめるのが特徴だ。
ginzarasin_u-j003034216_2.jpg
ムーブメントには自動巻きのCal.2663を採用。
シースルーバックからアンクルの動きまで確認することが可能。
Pierre_Jaquet-Droz,_1758
JAQUET DROZ(ジャケ・ドロー)
18世紀の天才時計技師ジャケ・ドローが起こしたブランド。21世紀に復活。
ロボットの原型となった機械式からくり人形(オートマタ)を制作した事でも知られる、天才時計技師だ。
hqdefaultgrw452.jpg
「音楽家」と呼ばれているオートマタ(からくり人形)2000個以上のパーツから成り立っている。
人形の指が動くことで、実際にオルガンを演奏可能。


芸術的かつ工芸的な装飾が特徴のコンプリケーションモデルは、当時のヨーロッパにおいて絶大な人気を博す。
その名声はロシア、中国にまで響きわたり、当時の王族や貴族階級から絶大な支持を受けていた。
その後ドロー親子と弟子一人で、一度途絶えたが1995年に復活した。
創業地はスイス/ラ・ショー・ド・フォン(現在地も同様)
現在のジャケ・ドローは、創業者ジャケ・ドローへの、オマージュ的な作品や装飾を施した複雑機構を発表している。
yioouo878.jpg
jljljl789879.jpg
gjhkhkl586867.jpg
パイヨンエナメル技法とは?
ゴールドの金属箔を切り抜いたモチーフ装飾用の金片「パイヨン」。
金片を半透明のエナメルで覆う技法だ。
パイヨンエナメル技法は18世紀から伝わっており創業者ジャケ・ドロー氏が編み出した、ヨーロッパの伝統技術と言えるだろう。
このパイヨンエナメル技法は、18世紀に最盛期を迎えた技法でもある。
ginzarasin_u-j003034216_1.jpg
問題は制作期間だ。なんと、一か月に二枚しか作成出来ないのだからどれだけ手間をかけているかが、期間からでも分かる。
だからこそ世界限定8本となっているのだ。
自社でエナメル系ダイヤルブランドを制作出来るブランドは、数少ない。
ドイツブランドA.ランゲ&ゾーネなど、一握りのブランドだけと言っていい。
だからこそ、パイヨンエナメル技法を採用したこのモデルは、実に特別なモデルとも言えるのだ。
gtaer3411.jpg
huhlil79978.jpg

ジャケ・ドロー アトリエの職人がハンドメイドで行う装飾技術「パイヨンエナメル技法」。
18世紀に主流だったパイヨンエナメル技法は、ルネッサンス期の金銀細工技術の流れを引き継いでいる。
hkjgjjth767889.jpg
文字盤の高温焼成エナメルの上に、全てハンドメイドで配置されていく金細工。
金箔から切り取られた伝統的なデザイン。
創業者ピエール・ジャケ・ドローが愛したデザインに基づいている。

金箔はその後の工程として、 半透明のエナメル層によって文字盤に定着する形になる。
その為に「パイヨンエナメル技法」をマスターしたジャケ・ドローアトリエの職人達は、高温の竈で火力と色をコントロールする事が可能なのだ。
ジャケドロー グラン・セコンド パイヨン 世界限定8本 J003034215 中古 メンズ 腕時計
Theme: 腕時計
Genre: ファッション・ブランド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。