Post image

パテックフィリップ ワールドタイム 5110J-001 1936年当時パテックフィリップが、世界に先駆けてワールドタイムをお披露目した

パテックフィリップ ワールドタイム 5110J-001画像(GINZA RASIN ヤフー店)より航空産業の発達により、世界中を身近に移動できる時代になった。そんな時、世界の時差を確認出来るワールドタイマーモデルの人気が高まっている。やはりビジネスでの移動の際においても、実用的に時差を確認出来るからであろう。しかしながら、1936年当時パテックフィリップが、世界に先駆けてワールドタイムをお披露目した時代においては、工芸的な...

Post image

パテックフィリップアンティークモデル「PATEK PHILIPPE Ref.3429」(製造年代1966年製) アンティークにおけるパテック フィリップは別格の存在

PATEK PHILIPPE Ref.3429(製造年代1966年製)画像(シェルマン・アンティークウォッチ)よりあの名キャリバーCal.27-460を採用した、スクリューバック(ねじ込み式の裏蓋)モデル。シャンパンゴールドの文字盤に、細身のバトン針やバーインデックスなど全てゴールドでコーディネート。18KPGケースモデルで、カレンダーの入らないシンプルで洗練されたデザイン。テップ状のエッジの効いたベゼルは健在で、ダイヤルの立体的なエナメ...

Post image

PATEK PHILIPPE カラトラバ Ref5227R-001 ムーブメントをハンドメイドで磨き上げる意味とは?

PATEK PHILIPPE カラトラバ Ref5227R-001画像(ジャックロード ヤフー店)より名門パテックフィリップの39mm金無垢ドレスウォッチである。中3針とディト機能を兼ね備えた、シンプルさが特徴。だが、裏蓋が開閉式オフィサーケース仕様になっている。ケースを展開すると、華麗なキャリバーCal.324 C Sが確認出来るのだ。PATEK PHILIPPE カラトラバ Ref.5227の特徴はケースとベゼルが鏡面仕上げ更には文字盤装飾まで金無垢YG素材...

Post image

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010  ノーチラスをデザインした、ジェラルド・ジェンタならではの哲学とは?

パテックフィリップ ノーチラス ラージ 5711/1A-010画像(GINZA RASIN ヤフー店)より1976年にお披露目されたパテックフィリップ のスポーティーモデル「ノーチラス」オクタゴン型(八角形)のフォルム潜水艦の窓からヒントを得た、丸みのある八角形ベゼル。左右にあしらわれた耳が特徴のデザインになっている。ちなみにこの「耳」は防水性の為にあしらわれた形状ではあるが、同時に薄さにも貢献しているデザイン。スポーツウォッチ...