Post image

MORITZ GROSSMANN ATUM (モリッツ・グロスマン アトゥム MG02.B-01-A000063 ) 新生モリッツ・グロスマン部品の内製率はテンプから針に至るまで、なんと9割に近い

画像(宝石広場ヤフー店)より機械式腕時計で名高い、スイス・ジュラ渓谷。だが、ドイツにおいてもザクセン州グラスヒュッテは、ドイツ時計産業において名高い地域だ。ドイツ新興マニュファクチュールブランド、モリッツ・グロスマンもそんなグラスヒュッテに拠点を構えている。その始まりは、女性時計師のクリスティーネ・フッターがグロスマンの数々の遺産を発見したことがそのきっかけになった。現在のモリッツ・グロスマンは20...