Post image

サントス デュモン カレンダー&パワーリザーブ ブラジルの英雄であり、空の冒険家サントス・デュモンカルティエこそが腕時計最初の顧客となる人物である。

サントス デュモン カレンダー&パワーリザーブ画像(ジャックロード ヤフー店)よりフランスカルティエの名作モデル、サントスデュモン。世界初の腕時計として1911年に市販された。サントス デュモン カレンダー&パワーリザーブは、薄型のケースには手巻きの機械式ムーブメントを搭載。カレンダーが12時、パワーリザーブが6時に位置に配置。縦に連なっているのが特徴。カルティエ本社に保管されている台帳には、1911年に販売された...

Post image

カルティエ タンク アングレーズ XL カルティエ工家三代目「ルイ・ジョゼフ・カルティエ」の功績

カルティエ CARTIER タンク アングレーズ XLジャックロード ヤフー店今年2017年に100周年を迎えるカルティエ タンク。カルティエの3代目ルイ・ジョゼフ・カルティエによってデザインされた。1918年、初期のタンクが制作。そして、宝石商カルティエの在庫台帳に「タンク」のモデル名が記されたのは、1919年の事である。ブレスレットのラグとケースが一体化したのがタンクの特徴であるが、新モデル「タンク アングレーズ 」は更に...

Post image

ロレックス ヨットマスター40 Ref. 116655  エバーローズゴールドは、熟練した経験豊富な鋳物師が、秘密厳守と高度な公式を駆使して鋳造している

画像(ロレックス ヨットマスター40 Ref. 116655)より ジャックロード ヤフー店40mmケースと、両方向回転ベゼルが特徴の外海航海用「ロレックスヨットマスター40」両方向回転式のブラックベゼルはサンドブラスト仕上げ。サンドブラストで、見事に研磨して仕上げた立体的なアワーマーカーが特徴。ロレックス完全自社ムーブメント3135を搭載オイスターフレックスと呼ばれるラバーベルトも注目だ。これは「ロレックスヨットマスタ...

Post image

ドライブ ドゥ カルティエ ムーンフェイズ 新作「ドライブ ドゥ カルティエ」がどういう流れで、クッション型ケースを採用していったか確認してみよう。

カルティエ ドライブ ドゥ カルティエ ムーンフェイズ WSNM0008 画像(宝石広場ヤフー店)より最近カルティエは男性用腕時計に力を入れている。それを象徴するかのように昨年お披露目されたカルティエ男性用腕時計「ドライブ ドゥ カルティエ」に新作が加わった。しかもカルティエ新型自動巻きCal.1904-LU MCを投入する、熱の入れ様だ。だがしかし流石カルティエ。衝撃的なデザインや流行に流されるのではなく、デザインのシンプ...

Post image

MORITZ GROSSMANN ATUM (モリッツ・グロスマン アトゥム MG02.B-01-A000063 ) 新生モリッツ・グロスマン部品の内製率はテンプから針に至るまで、なんと9割に近い

画像(宝石広場ヤフー店)より機械式腕時計で名高い、スイス・ジュラ渓谷。だが、ドイツにおいてもザクセン州グラスヒュッテは、ドイツ時計産業において名高い地域だ。ドイツ新興マニュファクチュールブランド、モリッツ・グロスマンもそんなグラスヒュッテに拠点を構えている。その始まりは、女性時計師のクリスティーネ・フッターがグロスマンの数々の遺産を発見したことがそのきっかけになった。現在のモリッツ・グロスマンは20...

Post image

オメガ デ・ヴィル トレゾア マスター コーアクシャル(432.53.40.21.02.001) MRI機器で測定注でも、精度を維持することが出来る驚異のドレスウォッチ

オメガ デ・ヴィル トレゾア マスター コーアクシャル(432.53.40.21.02.001)画像(ジャックロード ヤフー店)よりオメガ ドレスモデルの中において1950年以来の名モデル「デ・ヴィル トレゾア」オメガ独自のローズゴールド素材「セドナゴールド」ケースは滑らかなカーブを描く。特に現行モデルの特徴は、クルー・ド・パリ装飾が施された美しい文字盤である。「セドナゴールド」ケースとクルー・ド・パリ装飾を施した文字盤の...

Post image

ユリス・ナルダン クラシコ マニュファクチュール グラン・フー  なぜグラン・フー文字盤にユリス・ナルダンは力を入れるのか?

ユリスナルダン クラシコ マニュファクチュール グラン・フー画像(世界の時計市場 ヤフー店)よりユリス・ナルダン得意の高級エナメル文字盤が特徴のクラシコ マニュファクチュール グラン・フー。伝統的な高級素材、グラン・フーをステンレスモデルで楽しめる魅力。フランスケリンググループの傘下に入ったナリス・ユリダンの新作である。放射線状にギョウシェ彫りが施され、レィルウェイ目盛りと高度な技術で仕上げられた美...

Post image

モンブラン 4810 エグゾトゥールビヨン スリム ハイコンプリケーションモデルのコストを下げる事に、エグゾトゥールビヨンの果たした役割は大きい。

画像(aBlogtoWatch)よりモンブラン 4810 エグゾトゥールビヨン スリムモンブランといえば万年筆だが、実は腕時計や革製品などでも伝統のあるブランドだ。モンブランが特許を取得しているエグゾトゥールビヨン機能を搭載したハイコンプリケーションモデルを製造する技術力も有するから驚きだ。このテンプが外に飛び出しているように見えることで名づけられたエグゾトゥールビヨン。通常のトゥールビヨン機能ではありえない「高機...

Post image

ピアジェ ピアジェ・ポロS 世界限定888本 1950年代、極薄腕時計であるピアジェの腕時計は、富裕層にとって重要なアイテムだった。

ピアジェ G0A42001  ピアジェ・ポロS  世界限定888本画像(世界の時計市場 ヤフー店)よりSSケースが特徴のピアジェ ポロS。カラーリング面でブラック系を強調したモデルだ。黒ベゼルにADCLコートを施したブラック系カラーが特徴。ADCLコートとは?ADLC(アモルファス・ダイヤモンド・ライク・カーボン)加工の事。スポーツモデルらしく、キズの付きにくい工夫が施されている。見ての通り、水平ギョーシェ模様のブラック系文...

Post image

ゼニス エル・プリメロ シノプシス  エル・プリメロ3針専用キャリバーCal.4613を採用 3針のエル・プリメロが存在する!?

ゼニス エル・プリメロ シノプシス画像(ジャックロード ヤフー店)よりなんと、「エル・プリメロ」の3針モデルですよ。ゼニスが開発した自動巻きクロノグラフムーブメント・「エル・プリメロ」からなんとクロノグラフ機能を外し、心臓部のみを残したスモールセコンドモデル「ゼニス エル・プリメロ シノプシス」。毎時3万6000振動を誇るエル・プリメロ。エル・プリメロのハイビートは通常クロノグラフモデルに有効である。高い...

Post image

ロレックス エアキング Ref.116900 歴史あるエアキングモデルが「入門用」としてお勧めされる理由

ロレックス エアキング Ref.116900画像(GINZA RASIN ヤフー店)2016年にエアキングは、航空時計のオマージュを伴ったデザインを採用し見事に復活を遂げる。2年ぶりに復活したエアキングは、ロレックス最古のペットネームを有するモデルだ。(1946年に誕生、2014年モデルを最後に生産中止に)だからこそ歴史あるエアキングを収集する愛好家が多い。逆にシンプルかつ、手軽に購入可能な価格帯の為に「入門機」としての一面も持つ。...

Post image

ロレックス ヨットマスターII Ref.116681 競技系ヨットオーナーなどのアクティビティ系富裕層のために開発されたマリンウォッチ

ロレックス ヨットマスターII Ref.116681 画像GINZA RASIN ヤフー店よりロレックス最新のスポーツモデル、ロレックス オイスターペーパーチュアル ヨットマスターII 。このモデルは比較的新しいスポーツロレックスモデルと言える。探検家用のエクスプローラーや、医療関係者用のミルガウスの様に、ロレックスには専門家の為に開発されたモデルが多い。そんな専門性の高いロレックスモデルが多い中で、このヨットマスターⅡは競技...

Post image

ロレックス エクスプローラーII ランダムシリアルRef.16570 ロレックスは最新モデルこそが、最高という掟を打ち破った現行モデル

ロレックス エクスプローラーII ランダムシリアルRef.16570画像(GINZA RASIN ヤフー店)かつての人類発のエベレスト登頂を支えた視認性を重要視したエクスプローラーモデル。1950年台当時、正に冒険家用の腕時計として認知されていた。そして1972年、ロレックスは新たに洞窟探検家を想定したモデル「ロレックスエクスプローラーⅡ」を発表。ロレックスエクスプローラーⅡ専用のクロノメーターは洞窟学者向けに、24時間針を搭載。強...

Post image

ロレックスオイスター ペーパーチュアル コスモグラフ デイトナ T番 16520 ブラック  デイトナ史上初となるペーパーチュアル(完全自動巻き)モデル

ロレックス コスモグラフ デイトナ T番 16520 ブラック画像(GINZA RASIN ヤフー店)より現行のデイトナから数えて2世代前。デイトナ史上初となるペーパーチュアル(完全自動巻き)モデルである。1988年に登場。2000年まで生産された。ムーブメントはあのキャリバー4030(Cal.4030)。キャリバー4030のベースは、1969年専用設計自動巻きクロノグラフ専用ムーブメントとして開発された伝説のエル・プリメロ。そのエル・プリメロをロ...